依頼者が弁護士を選べる時代

高嶺の花の弁護士

弁護士の就職が厳しい状況であることがニュースになっています。

憧れの職業であった弁護士ですが、目指す人が増えるとともに競争が激しくなり 資格をとっても就職難であるとの話を聞くようになりました。 その原因はやはり司法試験の制度改革によって大量の試験合格者が生じた ことでしょう。 従来であれば先輩弁護士の事務所に弟子入りして仕事を覚え、その後に 独立開業していくのがひとつのパターンだったのですが、最近では弟子の数が 増えすぎて新たな弟子を受け入れる余地がないそうなのです。 弟子入り先がないのでいきなり自宅で開業したり、或いは先輩弁護士事務所に 間借りする形で開業する弁護士が増えているのですが、コネも経験も少ない 新人弁護士が事務所をうまく軌道に乗るのは難しいことです。 そのためせっかく弁護士試験に合格して司法修習を終えても、弁護士登録 をしないままの人もいます。 司法研修所での司法修習を終えても日弁連に登録しないと弁護士にはなれない のですが、そのためには登録料や弁護士会への入会金、毎月の会費が必要 になります。 弁護士であり続けるためには、事務所の維持費などとは別に毎年数十万円の 会費を払い続けなければならないのです。 会費の支払いに見合うだけの収入を継続的に得る見通しが立たなければ、 登録しても意味がないのです。 運よく法律事務所を経営するボス弁(ボス弁護士)に弟子入り出来たら、 雇われて給料を貰うイソ弁(居候弁護士)になれますが、最近は法律事務所の 一角を貸してもらうだけのノキ弁(軒先弁護士)も珍しくありません。 ノキ弁は事務所を間借りしているだけの個人事業主なので、仕事は自分で 取ってこなければ収入はありません。 また最近では電話一本で仕事を受注するケータイ弁という概念も生まれて いるようです。 あとはどこの組織にも所属せず先輩弁護士にも頼らず、即独と呼ばれる 個人事業主として独立開業の道を選ぶ人もいますが、事務所が安定するまでは とても大変なようです。